2015年度「東京ビジネスデザインアワード」

開催概要

「東京ビジネスデザインアワード」 は、
東京都内のものづくり中小企業と
優れた課題解決力・提案力を併せ持つデザイナーとが
協働することを目的とした、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティションです。

ものづくり中小企業が持つ高い技術や特殊な素材
コンペティションの「テーマ」として募集、審査を経て選定します。

選定された「テーマ」に対して、
新たな用途の開発等を軸とした事業全体のデザインを
「提案」 としてデザイナーから募集し、
優れた事業提案の実現化を目指します。

審査は、企業からの「テーマ」、デザイナーの「提案」ともに、
有識者からなる審査委員会を設置しおこないます。

「テーマ」 と「提案」のマッチングが成立した「テーマ賞」受賞提案については、
製品開発や知財対策に関するアドバイス等をおこない、
都内ものづくり中小企業による事業化・商品化への支援をおこないます。 2016年度 東京ビジネスデザインアワード
主催:東京都
企画・運営:公益財団法人 日本デザイン振興会

審査委員長挨拶

私たちは4年にわたり商品開発の裏側を見つめてきました。そこから開発プロジェクトの成功と失敗を決める重要なポイントを掴みました。デザイナーと企業による、開発チームの信頼と活気が成功の鍵を握っているのです。開発の現場には、デザインの導入によってプロセスに多くの変化がもたらされます。これまでにない市場を開拓するには、過去に事例のない別業態との取り組みや先が読めない中での先行投資など、企業には多くの決断が求められます。その中で新しい考え方を取り入れて自社の価値を再発見し、トータルなビジネス感覚を身につけた企業は、トラブルを回避して成功を掴んでいます。新しいことへ踏み出しチャレンジする情熱が、チームを束ねる信頼感の基となるのです。 また東京ビジネスデザインアワードでは、デザイナーにも開発プロセスの重要性を提案しています。商品開発を初めて経験する企業の人々の魅力を引き出し、商品をアウトプットするドライブ力、つまりマネジメントはプロのデザイナーとして重要な能力の一つです。応募したデザインを実現するためには、企業とデザイン双方の力を出し切れる信頼関係を築き、真摯に先導する仕事が求められます。デザインはものからコトへ。プロセスにこそデザインの力が求められると言っても過言ではありません。東京ビジネスデザインアワードでは、アウトプットまでのプロセスを多面的にサポートしてビジネスの成功を目指します。 2016年度 東京ビジネスデザインアワード審査委員長
廣田尚子

審査委員会

廣田 尚子

審査委員長 廣田 尚子

プロダクトデザイナー
有限会社ヒロタデザインスタジオ 代表

東京芸術大学デザイン科卒業後、GKプランニングアンドデザインを経てヒロタデザインスタジオ設立。プロジェクトマネジメントの視点からデザイン開発をおこない、企業の持つ技術や素材の魅力を引き出して拡げる仕事を日用品のデザインを中心に幅広く展開。中小企業との協働も多く、様々な地域でデザイン導入の心構えやプロセスについての講演やアドバイスをおこなう。女子美術大学芸術学部デザイン学科教授。グッドデザイン賞審査委員。

金谷 勉

金谷 勉

クリエイティブディレクター
有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役

京都精華大学人文学部卒業後、企画制作会社、広告制作会社を経て1999年「CEMENT PRODUCE DESIGN」設立。商業施設の広告デザイン、フランフラン、アクタスとの商品企画開発、UNIQLO「企業コラボレーションTシャツ」のディレクションなど幅広くデザイン、プロデュース。また起業時より自販流通を始め、流通も見据えた形で各地の中小の地域事業者との協業開発事業もおこなう。京都精華大学、金沢美術工芸大学で講師を務める。

川田 誠一

川田 誠一

工学博士
産業技術大学院大学 学長

大阪大学助手、シドニー大学Visiting Scholar、東京都立大学教授、首都大学東京教授などを経て、2006年より産業技術大学院大学 産業技術研究科 研究科長・教授、2016年より同大学学長に就任、感性と機能の統合デザイナーとしてイノベーションをもたらす「ものづくりアーキテクト」の育成に携わる。専門分野は、非線形システムの制御、生産システムのモデリングと最適化、教科学習など機械知能の応用、サービス工学等。

澤田 且成

澤田 且成

ブランディングディレクター
アイディーテンジャパン株式会社 代表取締役社長 CEO

大阪府堺市出身。株式会社富士経済、株式会社インターブランドジャパンを経て、2008年アイディーテンジャパン株式会社を設立。新規事業ブランディングの企画立案をはじめ、日本のブランド力を生かしたものづくり・食・伝統・文化・観光の海外需要開拓・販路開拓のマーケティング支援を行なう。経済産業省ふるさと名物発掘・連携促進事業副事務局方、JAPANブランドプロデュース支援事業アドバイザー、東京都伝統的工芸品普及促進プロジェクト実務者委員、墨田区ものづくりコラボレーション事業海外販路開拓部門コラボレーター等を歴任。

服部 滋樹

服部 滋樹

デザイナー・クリエイティブディレクター
デコラティブモードナンバースリー 代表取締役

インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て独立。家具、空間、グラフィック、プロダクトデザイン、アートから食に至るまで、多種多様に活動するクリエイティブ集団「graf」を立ち上げる。建築、インテリアなどにかかわるデザインやディレクションなどを手がけ、近年では中小企業との恊働、地域再生の活動などにもその能力を発揮している。

日高 一樹

日高 一樹

デザイン・知的財産権戦略コンサルタント
日高国際特許事務所 所長 弁理士

金沢美術工芸大学工業デザイン科卒業後、通商産業省特許庁入庁。特許庁審査官、通産省デザイン行政室課長補佐(デザイン奨励班長)を経て日高国際特許事務所を設立。商品開発における知的財産権戦略のプロフェッショナルとして活動。「知的財産権と企業経営」「デザインリスクマネジメント」などに関する講演・執筆多数。金沢美術工芸大学、東京芸術大学、九州大学大学院などで講師を務める。グッドデザイン賞審査委員。

審査方法

テーマ・提案ともに実現性や、市場性などについて、多角的視点から評価・選定します。

1.テーマ審査 企業からのテーマ内容を書類審査
2.提案一次審査 デザイナーからの提案を企画書で書類審査
3.提案二次審査 テーマ選定企業とともに、
一次審査を通過した提案から「テーマ賞」を評価選定
4.提案最終審査 「テーマ賞」受賞デザイナーによる公開プレゼンテーション
「最優秀賞」「優秀賞」を評価選定

スケジュール

スケジュール

2016年 4月20日(水) 概要発表・テーマ募集開始
企業からテーマを募集
6月3日(金)
16:00~17:00
企業向け テーマ応募説明会 ▶ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターにて
6月28日(火) テーマ募集締切(〆切日までに必着)
7月上旬 テーマ審査
企業からのテーマ内容を書類審査
8月中旬 テーマ発表・提案募集開始
9月上旬 デザイナー向け 提案応募説明会
9月上旬 工場見学
10月下旬 提案募集締切(〆切日までに必着)
11月上旬 提案一次審査
デザイナーからの提案を企画書で書類審査
11月中旬 提案二次審査
テーマ選定企業とともに、一次審査を通過した提案から「テーマ賞」を選出
12月中旬 テーマ賞発表
ウェブサイト等にて発表
2017年1月下旬 提案最終審査
「テーマ賞」受賞デザイナーによる公開プレゼンテーション、
審査、結果発表・表彰式