2015年度「東京ビジネスデザインアワード」

高輝度反射材を使ったファッションリメイクブランド

プランナー・デザイナー 三浦 慎也、本田 新、良知 耕平 (株式会社電通)

テーマ 高輝度反射材を使った“高精細レーザープリント技術” / 八欧産業株式会社(杉並区)

高輝度反射材を活用し、古着を再生させるリメイクブランドの提案。反射材は夜間もアクティブな若者に安全性を提供。ブランド展開ならびに古着に限らない分野へも事業拡大を目指す。

審査委員コメント

世界で1年間に20億着が廃棄されているという新古品の衣料の再利用を促す提案。社会問題に対してデザインで解決しようとするビジネスモデルが評価された。ファッションとしての一時的な消費ではなく、大きな社会ムーブメントとして動かしてほしい。

受賞者プロフィール
プランナー・デザイナー 三浦 慎也、本田 新、良知 耕平(株式会社電通)

株式会社電通のデザイナー1名、プランナー2名のチームです。本田新(デザイナー)は電通において数々の広告グラフィックを手掛け、三浦慎也・良知耕平(プランナー)は主にデジタル領域のプロモーションを担務。三浦は過去に古着のオンラインショップ事業の経験を有し、その経験が今回のRE:LIGHTのアイデアのきっかけとなっている。

優秀賞