2015年度「東京ビジネスデザインアワード」

錫の素材特性を活かした中空構造の器

インテリアデザイナー 河合 優吉 (有限会社デザインスピリッツ)

テーマ 錫合金エテナを用いた“鏡面仕上げと凸模様の表現技術” / 株式会社アートランド(荒川区)

金型鋳造技術を生かしたホームウェア製品やデジタル周辺機器といった商品群を展開し、幅広いシーンや世代から指示される事を目指す新しいブランドの提案。その第一弾となる製品、錫の升は、独自の中空構造、滑らかかつ鏡面の錫肌を精緻な技術により実現。

受賞者プロフィール
インテリアデザイナー 河合 優吉(有限会社デザインスピリッツ)

東京生まれ。慶應大学法学部を卒業後、桑沢デザイン研究所に入学。同校を卒業後、スーパーポテト勤務を経て2003年に有限会社デザインスピリッツを創立。Beijing Noodle No.9(2008)ではBest Store Award 2009(日本)のグランプリやGreat Indoor 2009(オランダ)の最優秀賞、Niseko Lookout Cafe(2010)ではRestaurant&Bar Award 2011(UK)の優秀賞を受賞する等、国内外の様々なインテリアデザインアワードを受賞。2011年、桑沢デザイン研究所、2013年、マレーシアのリムコックウィン大学非常勤講師。