2015年度「東京ビジネスデザインアワード」

水に強く、曲げ、表面強度と加工性の高い
「樹脂を含浸した特殊紙」

ラテックス樹脂を含浸させて作られた特殊な紙「Bontex(ボンテックス)」は、一般の紙に比べ耐水性・屈曲性・表面強度や加工性などが非常に優れている。厚みも0.4mm~2.0mmまで約0.2mm間隔で8種類の厚みを取り揃えているので用途に応じて強度や屈曲性などに柔軟に対応できる事もメリット。
現在は主に芯材として使われており、靴やカバン業界での認知度は非常に高いが使用方法や用途が限られてきているが、本来は汎用性の高い素材のため、これまで使用されていない幅広い商品化が期待される。

【テーマのポイント】
・樹脂を含ませた特殊紙なので耐水性が非常に高い
・屈曲性・表面強度・加工性に非常に優れている
・ある程度の縫製・印刷も可能

株式会社石山(台東区) http://www.ishiyamanet.jp

日本の総代理店として樹脂を含浸した特殊紙「Bontex(ボンテックス)」を輸入し主にカバン・ケース等の芯材として卸販売をしている。靴の中底材としての使用に関しては自社工場にてEVAやメルトン等を張り加工し靴の中底卸し業者に販売している。

素材に潜むことができるので、木材など自然物を纏った芯材、あるいは代替品としての新しい活用も見出せそう。その他、異素材を組み合わせて新しい特性を生み出すような提案を期待する。