2015年度「東京ビジネスデザインアワード」

テーマ募集について

企業とデザイナーで起こす、ビジネスの化学反応。

「東京ビジネスデザインアワード」は、
都内ものづくり企業の優れた技術や特殊な素材から
新しい可能性を見出し、
デザイナーならではの視点やアイデアで、
新しいビジネスを生み出すコンペティション。

あなたの企業が持つ技術や素材は、
他のどの企業にも真似できない、素晴らしい価値を持ったもの。
そこに少しの工夫を加えることで、新しい当たり前をつくる
価値ある商品に生まれ変わるかもしれません。

優れたものづくり企業が集まる東京で、
優れたデザイナーとの出会いが生む化学変化。
それはきっと、私たちの生活を便利にしたり、発見を増やしたり、
未来を今日よりほんの少し、暮らしやすい豊かなものにするはず。
人と人のコミュニケーションに、新しい化学変化を起こすはず。

その一歩を、このアワードから始めましょう。
ものづくりの未来を築く、小さくも大きな一歩を。

参加企業のメリット

  • 1.IDEA デザイナーによる新たな視点からの「提案」に出会える。
  • 2.METHOD 自社ブランド開発の方法やプロセスを習得できる。
  • 3.CHANCE 自社の技術や素材をアピールし、製品化のチャンスを得られる。
  • 4.ADVICE 製品開発や知財のプロからの実践的なアドバイスが得られる。
  • 5.SUPPORT アワード終了後も1年間継続して事業化の支援を受けられる。

参加企業の声

東洋工業株式会社 / GRASSE TOKYO株式会社 代表取締役 藤井 省吾

2018年度優秀賞 東洋工業株式会社 / GRASSE TOKYO株式会社

代表取締役 藤井 省吾
https://candles.co.jp/ / https://grassetokyo.com/

クリエイターと協働することの最大の魅力は、「製造技術」と「意外な視点」の掛け算でものづくりができることにあると考えています。ユニークな発想を武器にするクリエイターによってメーカーの常識を覆してくれました。二者が同じベクトルを持ってビジネスモデルを構築し、ものづくりをすることで、今まで世の中に無かった新しいプロダクトが生まれる可能性があり、また新市場への参入のチャンスもあるということを実感しております。

東洋工業株式会社/GRASSE TOKYO株式会社 代表取締役 藤井 省吾

2016年度テーマ賞 有限会社伸栄プラスチック

専務取締役 近藤 学
http://www.shineipla.co.jp/

アワードに参加したのは、下請けから脱却するという大きな目標があったからです。今できる事を考えた結果が「自社で生み出すことができない」という下請けの弱みを誰かの力を借りて克服するという答えでした。デザイナーさん達とのやり取りでは、自社の当たり前が当たり前ではないことを強く感じる事が多く、社内にも良い刺激になっています。今後も小規模事業者だけではなかなか取り組めないデザインという観点を補うことで、事業に活かしていきたいです。

有限会社伸栄プラスチック 代表取締役 竹内 広之

2014年度最優秀賞 カドミ光学工業株式会社

代表取締役 竹内 広之
https://www.kadomikk.com/

手仕事と先端技術の組合せで一般消費者向けに何かできることを考えていたところ、アワードを通して光学ガラスに興味を持っていたデザイナーと出会うことができました。協業を開始してから3年を経てエントリーした2018年度グッドデザイン賞では、ブランドの取り組みとしてベスト100に選出され、これまでのビジネスでは経験のないジャンルでの評価をいただきました。今後ますます多くの方々のお役に立てればと日々活動しております。

概要

趣旨

「東京ビジネスデザインアワード」は、東京都内のものづくり中小企業と優れた課題解決力と提案力を併せ持つデザイナーとが協働することを目的とした、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティションです。 都内ものづくり中小企業が持つ高い技術や素材等をコンペティションのテーマとして選定し、選定されたテーマの新たな用途の開発等を軸とした事業全体のデザインをデザイナーから募り、優れた事業提案の実現化を目指します。

募集内容

都内ものづくり中小企業が保有する高度な技術や特殊な素材等をコンペティションのテーマとして募集します。(複数応募可。応募点数の制限はありません。)
※応募しようとしている技術・素材等が既に実用化されている必要があります。
※最終製品は対象になりません。

応募資格

応募資格は、次の条件をすべて満たす都内の中小企業者です。

(1)
都内に主たる事業所を有し事業を営む中小企業または個人事業主であること。
(2)
デザインを導入した新事業実現に意欲があること。
(3)
次に掲げる事由を満たすこと。
①テーマ内容を公開できること。
②デザイナー向け説明会およびデザイナーによる企業訪問への対応と、デザイナーからの事業提案に係る二次審査及び最終審査(公開)への参加が可能であること。
(4)
次に掲げる除外事由に該当しないもの。
①過去5年の間に法令に違反した事実のある企業等。
②その他当該事業の実施により生活環境の保全及び公衆衛生に支障をきたすおそれのあるもの。

応募費用

無料です。(ただし応募の際の郵送費など実費は応募者がご負担ください)
※詳細は、応募についてをご参照ください。

応募受付期間

2019年4月10日(水) 〜 6月21日(金)【当日消印有効】

応募について

応募方法

募集要項と応募用紙を下記からダウンロードし、必要事項を記入及び必要書類を添付のうえ、郵便・宅配便等により事務局まで送付してください。
提出期限  2019年4月10日(水) 〜 6月21日(金)【当日消印有効】

提出書類

① 応募用紙 各ページ1部(全2ページ)
② 決算書(直近)のうち「損益計算書」及び「賃借対照表」のコピー 各1部

応募にあたっての注意事項

応募されたテーマに関する知的財産権は応募者にあります。
応募にあたっては、応募者の責任において権利保護等の手続きをしてください。
知的財産権に関して生じた問題の責任については、応募者が負うものとし、東京都と事務局は一切の責任を負いません。
権利保護等の手続きに関する相談機関として、東京都知的財産総合センター、一般社団法人日本デザイン保護協会があります。
他者の知的財産権を侵害する疑いがある場合は、受賞を取り消すことがあります。
受賞提案等の実現化・商品化を検討する権利は、テーマ選定企業が2021年3月末日まで優先保持します。
受賞提案等の展示・公表等に関する権利は東京都が優先保持します。展示会・ウェブサイト、東京都・事務局にて発行する各種媒体で広報目的で発表する場合があります。
事務局は応募書類受理後、応募情報の管理について万全の注意を払いますが、天災その他不慮の事故・破損・紛失については一切の責任を負いません。

事務局

東京ビジネスデザインアワード事務局(公益財団法人日本デザイン振興会内)

〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
TEL:03-6743-3777
FAX:03-6743-3775
E-mail: tokyo-design@jidp.or.jp
※ メールアドレス内の全角文字「@」を半角文字「@」に変換してご使用ください。
※ 電話番号のかけまちがいにご注意ください。